レディー

住宅環境に合わせて住居用洗剤を選ぶ|最大限の効果を引き出す

効果的なものを選ぶ

掃除用品

住居用洗剤は、その液体の性質から、酸性、中性、アルカリ性に分けられます。酸性であればあるほど、あるいはアルカリ性であればあるほど、住居用洗剤の洗浄力は高くなります。しかし、洗浄力が強いために、住居用洗剤を使用する部分の材質が変わってしまったり、手肌が荒れてしまったりといった影響が出るおそれもあります。普段の掃除には中性の住居用洗剤を使い、どうしても落ちない汚れには酸性やアルカリ性の住居用洗剤を使うなど、うまく使い分けるようにします。酸性の住居用洗剤は、尿石や石鹸カスなどの汚れを落とすのに向いています。浴室やトイレなどは酸性のものを使うと効果的です。一方、アルカリ性の住居用洗剤は、油汚れを落とすのに効果的です。

住居用洗剤を使用する場所によって使い分けるように工夫することで、洗浄効果より高めることができます。例えば、浴室に使う洗剤の場合は、クエン酸やリンゴ酸などが配合してある住居用洗剤を使用します。これらは普通の洗剤では落ちにくい脂肪分や石鹸カスなどの汚れを分解することができるからです。また、トイレ掃除には塩酸が配合してある洗剤が向いています。尿石や水あか、鉄さびといったものに効果的です。ただし、強力な洗剤であるため、ゴム手袋を着用して使用します。住居用洗剤を使用するときには、説明書をよく読み、濃度や使用量、時間などを守るようにします。濃い液のまま使用しても洗浄力は変わりません。材質を傷めてしまうこともあるため、注意します。

様々な種類がある

掃除用品

住居用洗剤は手軽な合成洗剤や、強力な洗浄剤、白くすることが目的の漂白剤などがあります。酸性のものとアルカリ性のものがあり、偏っていればいるほど強力だがその分肌への負担や危険性、素材への浸食度も増すため注意しましょう。重曹やクエン酸などでも代用できます。

詳しく読む

洗剤いらずの優れもの

ウーマン

あっちこっちふきんは場所を選ばず利用でき、洗剤いらずの優れものです。薬品の刺激がないので環境と体が守られ、使いやすさも評価されています。洗剤いらずの理由は、通常よりも細かい繊維が汚れを落とすからです。繊維が長いのでボロボロと散らばる心配がなく、さらに吸水性に優れています。活用の幅はアイデア次第です。

詳しく読む

お掃除がもっと楽になる

女の人

あっちこっちふきんはきちんとお手入れをすれば何度も使用できるものなので、経済的でもありとてもエコな商品です。売っているお店を公式ホームページで検索が出来ますし、公式ホームページでは通販として購入することが出来ます。

詳しく読む