様々な種類がある|住宅環境に合わせて住居用洗剤を選ぶ|最大限の効果を引き出す
女性

住宅環境に合わせて住居用洗剤を選ぶ|最大限の効果を引き出す

様々な種類がある

掃除用品

効果の強さや適応は様々

住居用洗剤と一口にいってもその種類は様々です。一般的によく使われるのは合成洗剤というもので、使う場所にあわせて様々な成分が合成されています。目的とする汚れに応じて酸性からアルカリ性まで種類が分かれています。酸性かアルカリ性のどちらかに偏っていればいるほどその効果は高くなりますが、その分手荒れの原因になったり、素材を痛めてしまったりするおそれもあるので注意が必要です。素手で使うことを想定されている住居用洗剤は中性であることが多くなっており、効果と肌への負担を両立させるようにできています。より強力な住居用洗剤としては洗浄剤があります。発泡してしつこい汚れを落とすもので、トイレの汚れや排水溝の汚れなどに使われます。また、白くすることを目的とした漂白剤も住居用洗剤の一種です。

強さには注意

住居用洗剤を選ぶときは、強さに注意して選ばねばなりません。強ければ強いほど汚れを落とす力は強力になりますが、その分肌への負担や危険性、浸食の度合いも高くなります。また、汚れの種類によっては強すぎると逆効果となることもあるので注意しなければなりません。適材適所で使うのが最も重要であり、目的にあわせて選び分けるのがポイントです。また、必ずしも汚れごとに専用の住居用洗剤を揃えなくても、酸性のものとアルカリ性のものを揃えればたいていの汚れは落ちます。酸性のものとしてはクエン酸、アルカリ性のものとしては重曹が手頃で有効です。これらは肌にも優しく、危険性も少ない上値段も安いのでエコに掃除をすることができます。また効果も決して低くありません。